野球タイムズ

当サイトは、中日ドラゴンズを中心に野球に関する情報の5chやTwitterの声等をまとめています。

    カテゴリ: プロ野球全般


    オープン戦オープンせん)とは、野球などで公式の試合の期間の前後もしくは合間などに行われる非公式の試合のこと。 オープン戦を開催する目的は、親睦や交流、調整、場合によっては興行など、様々である。"オープン戦"は和製英語で、英語では"exhibition game"または"pre-season
    17キロバイト (2,514 語) - 2020年2月23日 (日) 07:13



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    まあ、しゃあないか。公式戦のころには収まっているのを願うのみ!!

    【【悲報】プロ野球オープン戦、クローズ戦にwwwwwwwww】の続きを読む


    オープン戦オープンせん)とは、野球などで公式の試合の期間の前後もしくは合間などに行われる非公式の試合のこと。 オープン戦を開催する目的は、親睦や交流、調整、場合によっては興行など、様々である。"オープン戦"は和製英語で、英語では"exhibition game"または"pre-season
    17キロバイト (2,491 語) - 2019年10月9日 (水) 02:05



    (出典 www.city.fukuyama.hiroshima.jp)


    センバツ高校野球もそうだが、プロ野球の方ではそろそろオープン戦がはじまる。気候もよくなり、球春到来。毎年いい気分になれる季節だ。楽しみ楽しみ!

    【そろそろオープン戦!】の続きを読む


    巨人の星』(きょじんほし)は、原作:梶原一騎、作画:川崎のぼるによる日本漫画作品。本項では、続編である『新巨人の星』についても併せて解説する。 主人公の星飛雄馬は、かつて巨人三塁手だった父・一徹により幼年時から野球ため英才教育を施される。プロ野球読売ジャイアンツに入団後、ライバル
    69キロバイト (11,509 語) - 2020年1月2日 (木) 08:58



    (出典 tvcmcast.com)


    昔から阪神と巨人は宿命のライバル、戦えば伝統の一戦とも呼ばれてきた。巨人の星でも星飛雄馬と花形満は宿命のライバルだし、両方が実は巨人あっての阪神、阪神あっての巨人ということで、ともに野球界を盛り立ててきた関係にあると思う。去年は巨人は優勝、阪神もAクラス入りしてるので、セリーグの中だけみるとそれなりに両雄激突の構図になりつつあるね(ただパリーグとの実力差があるのかな)。

    【阪神ファンは巨人がお嫌い?】の続きを読む


    読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍、よみうりきょじんぐん)は、日本のプロ野球球団である。セントラル・リーグに所属する。日本で最初に成立したプロ野球球団であり、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの12球団の中で最も歴史が長い。現在の監督は原辰徳(第
    233キロバイト (36,051 語) - 2020年1月27日 (月) 11:42



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    昔は、巨人は全国区、テレビも巨人の選手ばかりちやほやしてた。巨人の選手に非ずばプロ野球選手に非ずといっても言い過ぎじゃなかったと思う。江川さんの事件や元木さんが巨人に入るために留年して米国に野球留学したりしてたのもそういった圧倒的な巨人人気(+処遇の格差)があったと思う。いつしか巨人人気が衰えるともに、野球人気も今一つになってきている。当時は巨人がなんとなく憎らしかったが、今ではノスタルジーで「巨人人気」に復活してほしいと思う。

    【「巨人人気」復活を希望!】の続きを読む


    セカンドキャリアとは人事労務用語で「第二の人生における職業」を意味する。用語としては定年後や脱サラ、育児を終えた後などのキャリアを指すが、特にプロスポーツにおいて多用される言葉であり、その範疇においてはプロスポーツ選手の引退後のキャリアを意味する。 Jリーグでは2002年よりセカンドキャリア
    5キロバイト (786 語) - 2018年11月13日 (火) 06:20



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    プロ野球選手でセカンドキャリアとして飲食店経営を選ぶ人が多いのであれば、プロ野球⇒飲食という独自のキャリア形成のためのノウハウも蓄積されていくはず。なのですでにその道を歩んでいる先輩達を軸としてそういった協会なり団体を立ち上げると良いと思う。たとえば、「元プロ野球選手オーナー飲食店協会」等。選手生活が終わった後も、安心できる環境をつくってあげたい。それが究極的には野球人口の拡大にもつながると思う。

    【野球選手の「セカンドキャリア」を応援したい!】の続きを読む

    このページのトップヘ