野球タイムズ

当サイトは、中日ドラゴンズを中心に野球に関する情報の5chやTwitterの声等をまとめています。またその他の時事、社会、芸能情報等も適宜とりあげます。

    カテゴリ: レジェンド


    【強竜列伝】中日史上“最強のドラフト最下位指名”!!~~~~~。


    中日史上“最強のドラフト最下位指名”…9位入団で通算1514安打 現明徳義塾コーチが咲かせた大輪の花 中日史上“最強のドラフト最下位指名”…9位入団で通算1514安打 現明徳義塾コーチが咲かせた大輪の花
    …渋谷真コラム・龍の背に乗って[強竜列伝・島谷金二] 島谷金二(1945~)は、ほのかに黒潮が香る高知県いの町で暮らしている。健康だが、声は沈んでいた。 「かわいそうでなあ。春が無くなって、夏はがんばろ…
    (出典:野球(中日スポーツ))


    島谷 金二(しまたに きんじ、1945年1月23日 - )は、香川県高松市出身の元プロ野球選手(内野手)。 高松商業高では、三番打者、遊撃手として1962年の全国高等学校野球選手権大会北四国予選決勝に進出。しかし、西条高の石川洵(立大-鐘紡)、村上公康のバッテリーに抑えられ敗退、甲子園出場を逸する。
    14キロバイト (1,255 語) - 2020年6月1日 (月) 03:32



    (出典 img.aucfree.com)


    島谷は「ドラゴンズ史上最強のドラフト最下位指名」だ。通算1514安打、229本塁打、781打点の強打に加え、ダイヤモンドグラブ賞4度と堅守の三塁手。しかし四国電力から65年のサンケイ9位を皮切りに、66年(1次)は東映2位、67年が東京3位とドラフト指名されては、入団を断り続けた。
    (出典:中日スポーツ)

    【【強竜列伝】中日史上“最強のドラフト最下位指名”!!~~~~~。】の続きを読む


    【ノムさん伝説】元ヤクルト助っ人「野村氏との出会いがメジャー復帰を実現」!!~~~~~。


    「ノムラさんは日本の伝説」 日本一に貢献した元ヤクルト助っ人が語る野村克也氏 「ノムラさんは日本の伝説」 日本一に貢献した元ヤクルト助っ人が語る野村克也氏
    …カツヤ・ノムラの下でプレーできたことに、心から感謝しています。ノムラさんは、日本の伝説です。そして、本当に優秀な野球の指導者です」と語っていた。
    (出典:野球(Full-Count))


    野村 克也(のむら かつや、1935年〈昭和10年〉6月29日 ‐ 2020年〈令和2年〉2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、野球解説者・野球評論家。愛称は「ノムさん」「ムース」。血液型はB型。 選手としては、史上2人目の三冠王達成(世界のプ
    203キロバイト (31,654 語) - 2020年5月29日 (金) 16:17



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    野村氏との出会いがメジャー復帰を実現させた。ハドラー氏はヤンキースやオリオールズ、エクスポズ、カージナルスを渡り歩き、1993年にヤクルトに入団。その後もエンゼルス、フィリーズでプレーを続け1998年に現役を引退している。「私が(ヤクルト退団後に)もう5年間アメリカでプレーできたのは、彼の存在があったからです」と振り返っている。
    (出典:野球(Full-Count))







    【坂東英二列伝】たった一つの変化球は神様直伝!!~~~~~。


    投げたくても…カーブを投げられなかった板東英二「たったひとつの変化球」はルーキー時代に監督直伝 投げたくても…カーブを投げられなかった板東英二「たったひとつの変化球」はルーキー時代に監督直伝
    …渋谷真コラム・龍の背に乗って[強竜列伝・板東英二] 板東英二(1940~)はカーブを投げられない。 「数えるとき、こうして指を順に折っていくでしょ?ほ…
    (出典:野球(中日スポーツ))


    板東 英二(ばんどう えいじ、1940年4月5日(公称) - )は、日本の元プロ野球選手、野球解説者・タレント、俳優、司会者。「坂東英二」は誤記。愛称は板ちゃん(ばんちゃん)。 高校野球時代に投手として数々の記録を打ち立てて名を馳せる。プロ野球選手としては中日ドラゴンズに所属し、在籍11年で77勝を
    142キロバイト (20,281 語) - 2020年5月24日 (日) 02:54



    (出典 grapee.jp)


    徳島商では夏の甲子園で史上初の引き分け再試合を演じ、通算83奪三振は今も大会記録だ。その快投は、板東いわく「真っすぐだけ」でやってのけた。さすがにプロでは変化球が必要だが、カーブは無理。「たったひとつの変化球」として覚えたのがフォークだった。入団時の監督が杉下茂だったのが幸いした。神様直伝のフォークを瞬く間にものにした。
    (出典:中日スポーツ)

    【【坂東英二列伝】たった一つの変化球は神様直伝!!~~~~~。】の続きを読む


    【今年のプロ野球】立浪さん「体力勝負になる」!!~~~~~。


    毎週6連戦の体力勝負か…プロ野球120試合で変わること 立浪さん「順位にチーム力反映されない可能性も」 毎週6連戦の体力勝負か…プロ野球120試合で変わること 立浪さん「順位にチーム力反映されない可能性も」
    …[野球ファンに届ける 本紙評論家リレーコラム]立浪和義 今季の日程が、早ければ週の前半にも示されるようだ。ドラゴンズもチームとして集まり、より実戦的な練習へとどんどん進んでいくだろう。 ここから心配な…
    (出典:野球(中日スポーツ))


    立浪 和義(たつなみ かずよし、1969年8月19日 - )は、大阪府吹田市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投左打)・コーチ。 愛称は「タツ」。現在は日本テレビ所属の野球解説者、および中日スポーツ・東京中日スポーツの野球評論家。通算二塁打数(487本)のNPB記録保持者。血液型A型。
    59キロバイト (8,408 語) - 2020年4月10日 (金) 14:45



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    6連戦では特に、先発投手には少しでも長いイニングを投げ、リリーフの負担を減らす踏ん張りが求められる。6連戦で毎日スタンバイするリリーフ陣にとっては、例年以上に過酷なシーズンになる。全体の試合数が少なくても、体力勝負の色合いが濃くなると思っている。
    (出典:中日スポーツ)

    【【今年のプロ野球】立浪さん「体力勝負になる」!!~~~~~。】の続きを読む


    【レジェンド】岩瀬仁紀さん、「区切りがつけられなかった球児たちを思うとたまらない」。。。。。。


    自身も“最後の夏に快挙”で進学先と縁…岩瀬さん「球児に軽々しく言葉かけられない」失われた人生の区切り 自身も“最後の夏に快挙”で進学先と縁…岩瀬さん「球児に軽々しく言葉かけられない」失われた人生の区切り
    …ともできない。▼四球1つの無安打無得点試合 西尾東のエースで4番だった岩瀬さんは1992年7月19日、夏の愛知大会2回戦で三好を相手に四球1のノーヒッ…
    (出典:野球(中日スポーツ))


    岩瀬 仁紀(いわせ ひとき、1974年11月10日 - )は、愛知県西尾市出身のプロ野球選手(投手)。野球解説者、野球評論家。 日本プロ野球における最多登板(1002登板)および通算セーブ数記録保持者(407セーブ)。 1974年に愛知県で生まれる。西尾東高校3年生時の1992年7月19日、第7
    51キロバイト (7,213 語) - 2020年5月18日 (月) 13:17



    (出典 grapee.jp)


    現実として、ほとんどの人は甲子園の土を踏めない。地方大会で試合をし、負ける。そこで初めて納得できるのであって、その場がなければ、踏ん切りがつかない。
    僕の高校時代も最後の夏が終わって初めて次が考えられた。区切りが付けられなかった球児たちを思うとたまらない。軽々しく言葉をかけることもできない。
    (出典:中日スポーツ)

    【【レジェンド】岩瀬仁紀さん、「区切りがつけられなかった球児たちを思うとたまらない」。。。。。。】の続きを読む

    このページのトップヘ